記事一覧

ぐるっと富士山1周 Day 2(富士宮→自宅)

--AM6:39

 ∧∧  残りの富士四湖
(,,゚Д゚)   周れるか~

富士宮⇒自宅間170km、11時間の
ポタリングをしてきました。

aaa_20190506165207d1e.jpg
ホテルの朝食バイキングでごはん+パンを
これでもかと食べてスタート(w

DSC_3738.jpg

DSC_3740.jpg
朝一で、富士山本宮浅間大社に
お参り。

DSC_3737.jpg
流鏑馬祭の準備がしてありました。
時間が合えば見たかったな。

DSC_3741.jpg
富士宮は街中どこからでも富士山が
ばっちり見えました。

DSC_3743.jpg

DSC_3744.jpg

DSC_3746.jpg
富士の樹海と富士山を交互に見ながら
ペダルを漕ぎます。

DSC_3753.jpg

DSC_3751.jpg
富士山高原地帯を突き進みます。
とても良い景色。

DSC_3762.jpg

DSC_3763.jpg
9時46分、本栖湖着。
すぐに次の湖へ(w

DSC_3766.jpg

DSC_3768.jpg
富士五湖の中で最も小さい、精進湖。

DSC_3770.jpg
青木ヶ原樹海を通り、

DSC_3773.jpg

DSC_3775.jpg
西湖へ。
10連休で人や車やバイクでごった
がえしていました。

DSC_3783.jpg

DSC_3787.jpg
 ∧∧  
(,,゚Д゚)   富士五湖巡り達成!

11時17分、最後の河口湖着。
富士五湖は、北側に4つ集中的に
あることを知りました。

そして、時間と脚の都合から忍野八海は
カットし、山梨県大月市へ。

河口湖⇒大月市はほぼ下りで脚を休める
ことができました。

DSC_3789.jpg

DSC_3790.jpg
そして暗雲が立ちこめる中、
最後のヒルクライム。

DSC_3793.jpg
 ∧∧  ゴアテックス
(,,゚Д゚)   レインウェアの力を見よ!

雷鳴が響く中、ヒルクライム。
2日目も恐ろしい山登り。

DSC_3796.jpg

DSC_3801.jpg

DSC_3811.jpg
 ∧∧  ん、どこかで
(,,゚Д゚)   見た峠だな!

DSC_3813.jpg
大月市の後は雨や雹が降ったり止んだりで
大変きつかったです。

ぐるっと富士山1周、無事に達成することが
できました。

***

走行ログ:EPSON J-300B
ddd_20190526200237534.jpg
スポンサーサイト

ぐるっと富士山1周 Day 1(自宅→富士宮)

--AM6:39

 ∧∧  ”令和”
(,,゚Д゚)   1発目~

自宅⇒富士宮間164km、10時間52分の
ポタリングをしてきました。

aaa_201905061538478e7.jpg
富士五湖と富士登山口を巡ります。
1日目は山中湖と御殿場口新五合目を
目指します。

DSC_3672.jpg
まず、八王子周辺の渋滞を避けるため、
檜原村⇒武甲トンネルを通り、山梨県
上野原市へ。

DSC_3676.jpg
桂川で小休止。

DSC_3679.jpg
藤野さつき学園の看板から、「道志みち」を
目指します。

DSC_3690.jpg
10時42分、やっとこさ「道志みち」に
合流。交通量が激増。

DSC_3695.jpg
 ∧∧  
(,,゚Д゚)   富士山デカイ~

DSC_3700.jpg

DSC_3706.jpg
13時16分、山中湖着。
道志みちは、登りが多くほぼ
脚が売り切れ。

DSC_3709.jpg

DSC_3711.jpg

DSC_3714.jpg
富士山パワーで、御殿場口へ。

DSC_3716.jpg

DSC_3717.jpg
富士山スカイラインを気合と根性で
登ります。

道路の両側は、東富士演習場。
「パン、パン」と乾いた音が聞こえ
今までで一番怖いヒルクライム(w

DSC_3718.jpg

DSC_3720.jpg

DSC_3724.jpg
 ∧∧  
(,,゚Д゚)   やったぜ!

御殿場口の看板からの1.7kmは
ほぼ歩きました。
脚に力がはいりませんでした。

DSC_3728.jpg

DSC_3729.jpg

DSC_3731.jpg
富士宮まではロングダウンヒル。
最高時速55.4kmを記録。
20~30分ずっと下っていました。

これはもう一度体験したいです。

DSC_3733.jpg
 ∧∧  
(,,゚Д゚)   ウマー!

最後に富士宮焼きそばを食べて
1日目が終了。
day2

***

走行ログ:EPSON J-300B
ddd_20190526195924b51.jpg

ツール・ド・千葉 stage3 (館山⇒川崎)

--AM7:03

 ∧∧  
(,,゚Д゚)   最終日~

千葉県館山⇒東京都川崎間102km、7時間15分の
ポタリングをしてきました。

aaa_20190505112319b85.jpg
3日目は東京湾フェリーに乗って都内へ戻ります。

DSC_3625.jpg
2日目は時間に余裕があったので、ホテルに入る前に
カインズに寄り海岸で愛車メンテ(w
整備用具は重いので、ホテルに寄付。

こちらのホテルは自転車スタンド完備でとても良かった。
自転車はロビー保管で、自分の他にMTBの方もいました。

DSC_3626.jpg

DSC_3628.jpg

DSC_3632.jpg
朝の港町をのんびりポタ。

DSC_3633.jpg
鋸山は大昔に家族で登ったな。

DSC_3634.jpg

DSC_3636.jpg
東京湾フェリー乗船。
片道 人+自転車 ¥1,210です。
自転車の固定は係の方がやってくれました。

DSC_3642.jpg

DSC_3644.jpg
 ∧∧  
(,,゚Д゚)   旅が終わる~

DSC_3647.jpg
”平成”の終わりに良い
自転車旅行ができました。

DSC_3649.jpg

DSC_3651.jpg

DSC_3652.jpg
横浜は凄い人でした。
また、都内は自転車散策難しいです。
(交通量が多く超キケン地帯

DSC_3657.jpg

DSC_3656.jpg

DSC_3659.jpg
最後に今回の旅の安全感謝と家族の健康を
川崎大師でお祈りして終了。

いつも多摩サイから見える謎の尖塔は、
川崎大師自動車交通安全祈祷殿と判明。
大本堂とは別の場所なんですね(w

***

走行ログ:EPSON J-300B
bbb_20190505112321131.jpg

ツール・ド・千葉 stage2 (勝浦⇒館山)

--AM7:03

 ∧∧  
(,,゚Д゚)   快晴~

千葉県勝浦⇒館山間105km、8時間21分の
ポタリングをしてきました。

aaa_20190502215910823.jpg
2日目は、房総半島の先端部分をぐるっと
周ります。

DSC_3519.jpg

DSC_3520.jpg
この日は一日快晴。
気温18℃で、自転車旅日和。

DSC_3521.jpg

DSC_3528.jpg

DSC_3544.jpg
朝の2時間くらいの走行で、
海岸線のポタリングを大満喫(w

DSC_3556.jpg

DSC_3553.jpg

DSC_3555.jpg
そして、今回の旅の目的地。
とあるリゾートマンションとその前の海岸です。

 ∧∧  今回のお手紙は、
(,,゚Д゚)   東京都端っこ在住の~   ※こころ旅

小学生~高校生くらいまで、親戚の別荘に
泊りに来ていました。
昔あった海の家や監視台は取り壊されて
いました。

ただ、ただ繰り返す波の音を聞いていると
あまりに感慨深くなって、動けなくなりそうでした。

DSC_3569.jpg

DSC_3567.jpg

DSC_3568.jpg
和田浦の駅近くに道の駅が新設。

DSC_3566.jpg
10時の開店前に到着したので、くじら肉まんは
蒸かし中で、くじらコロッケを食べました。

何もかけなくても、おいしかったです。

DSC_3570.jpg

DSC_3582.jpg

DSC_3577.jpg
潮風を感じるサイクリングは最高!

DSC_3589.jpg

DSC_3591.jpg

DSC_3594.jpg
房総半島最南端の野島崎灯台。

DSC_3599.jpg

DSC_3616.jpg
海の向こうに三浦半島が見えてきた。

DSC_3620.jpg
館山に着くと、沖ノ島を近くで見て、

DSC_3621.jpg
大型船をいくつも遠くに見て、

DSC_3624.jpg
港に停泊中の漁船を間近で見て
2日目は終了。
stage3

***

走行ログ:EPSON J-300B
bbb_2019050221591293d.jpg

ツール・ド・千葉 stage1 (銚子⇒勝浦)

--AM5:45

 ∧∧  
(,,゚Д゚)   千葉県1周~

千葉県銚子⇒勝浦間117km、6時間31分の
ポタリングをしてきました。

aaa_20190502205947044.jpg
10連休の初日から2泊3日で、千葉県を1周!
1日目は、銚子から勝浦までの砂浜海岸線を
ひた走ります。

DSC_3467.jpg
まず、東京駅から特急「しおさい」で銚子駅まで輪行。
連結車両の1区画が自転車の置ける唯一のスペース。
今回は他の大型荷物が無くセーフ(w

DSC_3469.jpg

DSC_3468.jpg
銚子駅には、B.B.Baseの垂れ幕がありました。
次回はB.B.Baseに乗りたいです。

DSC_3470.jpg

DSC_3473.jpg

DSC_3474.jpg
犬吠崎灯台の前を通り(中は入らず)、

DSC_3476.jpg
強風地帯の屏風ヶ浦をまっすぐ進む。

DSC_3484.jpg
飯岡に入ると、九十九里浜の看板を目にしました。
ずっと砂浜が続いていて、サファーの人が海に漂う。

DSC_3487.jpg

DSC_3493.jpg

DSC_3495.jpg
期待していた海岸自転車道は体感で70%走行不可。
3、4度一般道に戻りました。
うーん、MTBやシクロクロスなど砂浜もガンガン走れる!
車両で無いと、海岸線の自転車道を走るのは難しいかも。

DSC_3483.jpg

DSC_3513.jpg
ときどき、良堤防道や走りやすい自転車道がありましたが
距離が短いことが多かったです。

DSC_3499.jpg

DSC_3501.jpg
13時12分、懐かしの九十九里ビーチタワー着。
ずっと小雨が降っていました。
そこで、ここからは宿に直行プランに変更。

DSC_3518.jpg
そして民宿にへとへとになって到着。
この民宿が本当にヒドカッタ。

事前に電話で聞いたのに、風呂場にバスタオルが
無い!
その上、洗濯物はどこで洗うのかと聞くと、
「外の井戸水でバシャバシャやったらえぇ。」
とのこと。
疲れが吹っ飛び、目が点になった。

その他部屋は綺麗で、布団も臭くは無かったものの
安宿でネット低評価は良くないなぁと実感。

DSC_3516.jpg
勝浦タンタン麺は、近くのスーパ―で購入。
勝浦のタンタン麺には違いない。

海外バックパッカーのような1日目が終了。
stage2

***

走行ログ:EPSON J-300B
bbb_20190502205948786.jpg

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

tokaino

Author:tokaino
東京の西の端から
自転車と登山とランの記録

検索フォーム

最新コメント

フリーエリア