記事一覧

雲取山 ~丹波山村から三条の湯経由~

 ∧∧  
(,,゚Д゚)  ヘッドライトは必需品!

山梨県方面38.4km、10時間57分の
山登りをしてきました。

aaa_20181014164836dea.jpg
鴨沢西バス停   7:37
丹波山村     8:37 ※登山口で迷走
サヲウラ峠   11:06
三条の湯    12:25
三条ダルミ   14:09 
雲取山     14:34
峰谷登山口   17:22
峰谷橋バス停  18:41

DSC_2263.jpg
奥多摩駅からのバスは鴨沢止まりが多い。
そこで早朝から、鴨沢⇒丹波山村間 約8km
を走る(w

DSC_2264.jpg

DSC_2265.jpg
丹波山村に入ります。
第一村人はサルでした。

DSC_2266.jpg
ガソリンスタンド手前から、登山口看板を目印に進み、

DSC_2267.jpg
サルよけの金網畑を通り、

DSC_2268.jpg
ドアの付いた登山口へ(w

DSC_2269.jpg
きちんと閉めて進む。

DSC_2270.jpg

DSC_2271.jpg
この後、1時間程このあたりで迷走。
藪が深くて、登山道がなかなか見つからない。

注意)丹波山村の登山口は藪が深く分かりづらいです。
   他の登山口からのルート設計がおすすめ。

DSC_2278.jpg
登山道を外れ涸沢を直登し尾根伝いに進んで、奇跡的に
気合とド根性で登山道へ。

DSC_2283.jpg
11時6分、サヲウラ峠到着。
当初の計画より1時間遅れ。

DSC_2285.jpg
霧の中、他の登山者と会わず進む。
とても静か。

DSC_2294.jpg

DSC_2301.jpg
木の橋の区間がいくつかありました。
真ん中がたわんで怖い。

DSC_2306.jpg

DSC_2307.jpg
秘境の湯屋、三条の湯を早足で通り、

DSC_2308.jpg

DSC_2311.jpg

DSC_2315.jpg
雲の中を進む。

DSC_2316.jpg
三条ダルミで小休止。
ここでヘリを呼んで、颯爽と帰りたいと
少し思う(w

DSC_2319.jpg

DSC_2320.jpg
14時34分、雲取山の頂上。

DSC_2321.jpg
ここから登山者が飛躍的に増えました。
他の登山者の方に気を付けて、天空の道を走る。

DSC_2328.jpg
赤指尾根へ。

DSC_2338.jpg
 ∧∧  
(,,゚Д゚)  迷う!

写真の正解は左の赤リボン道。
右の獣道?を進んでしまい10分ロス。
※この後、赤リボンの無い分岐箇所もあり。
 本当に遭難しかけた。

DSC_2340.jpg
赤指尾根の真ん中あたりで日没。
ヘッドライトを携帯していて、一安心。

DSC_2341.jpg

DSC_2342.jpg
17時過ぎくらいには、辺りは真っ暗闇。

DSC_2348.jpg
人工物が見えた時の安堵感が凄い。

DSC_2350.jpg
夜の山は怖かった。
登山口で迷子&ルート設計で無理をし過ぎ
ました。

早めの撤退判断をするべきでした。

***

おまけ:キノコ祭り
DSC_2313.jpg

DSC_2339.jpg

DSC_2337.jpg

DSC_2333_20181020210934dc8.jpg

DSC_2335_20181020210932486.jpg
 ∧∧  
(,,゚Д゚)  色々生えてる~
スポンサーサイト

奥多摩縦走~天目山⇒蕎麦粒山⇒川苔山~

 ∧∧  
(,,゚Д゚)  奥多摩山探検~

奥多摩方面約18.6km、7時間20分の
山登りをしてきました。

map_20180805171001f7e.gif
【コース】
東日原バス停    7:55
一杯水避難小屋  9:44
天目山      10:10
蕎麦粒山     11:38
踊平        12:53
川苔山       13:28
大根ノ山ノ神   14:40
鳩ノ巣駅     15:15

DSC_1820.jpg
東日原終点のバス停のすぐ横から
登っていきます。

DSC_1823.jpg
旧日原小学校の木造校舎を見て、

DSC_1824.jpg
天目山登山口へ(赤い消火栓のある細い道)。

DSC_1828.jpg

DSC_1829.jpg
尾根道に出るまで斜面が急でした。
杉の林を黙々と登ります。

DSC_1831.jpg

DSC_1841.jpg
倒木箇所をうまく乗り越えて、

DSC_1843.jpg
9時44分、一杯水避難小屋到着。
まずは天目山へ。

DSC_1847.jpg

DSC_1848.jpg

DSC_1851.jpg
1畳ほどのこぢんまりとした
天目山頂上。
眺望◎でした。

DSC_1858.jpg
一杯水避難小屋近くにある、
一杯水をいっぱい補給(w

尾根道は暑かったので、
この給水は助かりました。

DSC_1862.jpg
尾根道はトレランしやすそうでした
(暑さで走れず

DSC_1868.jpg

DSC_1870.jpg
11時38分、蕎麦粒山に到着。
この後も写真に見える尾根道を
ひたすら進む。

DSC_1871.jpg

DSC_1874.jpg

DSC_1882.jpg
 ∧∧  
(,,゚Д゚)  暑い~

DSC_1884.jpg

DSC_1885.jpg

DSC_1886.jpg
暑さでフラフラになりながら、尾根道の
アップダウンを進み、

DSC_1893.jpg
13時28分、川苔山に到着。
去年は無かった、立派な山頂碑がありました(w

***

持ち込みペットボトル500ml x 3、
湧水給水500ml x 1
塩分タブレット6個
で、33℃の酷暑登山を乗り切り
ました。

尾根道を吹き抜ける風 < 日差し+気温
でした。

山の中でも暑かったです。

笠取山 ~多摩川の最初のひとしずく~

 ∧∧  
(,,゚Д゚)  自転車+登山!

山梨県方面 自転車120km+登山約5km、
11時間(自転車7時間40分、登山3時間20分)の
アクティビティをしてきました。

DSC_1518.jpg
6時半に、意気揚々と家を出発(自走)。

20リットルのザックに登山靴と着替えを
詰め込み、重さに悶絶する早朝奥多摩
ヒルクライム。

DSC_1519.jpg
大菩薩ラインへ。

DSC_1522.jpg

DSC_1523.jpg

DSC_1521.jpg
丹波山村の湧水がウマい。

DSC_1524.jpg

DSC_1525.jpg
落合橋を右折し、秘境 一之瀬集落へ。

DSC_1528.jpg
大栗展望台で小休止。

近くにあった地図によれば、

笠取山(水干)⇒一之瀬川⇒丹波川⇒奥多摩湖⇒多摩川

という、多摩川の大きな源泉の一つが
笠取山にある水干という場所。

DSC_1537.jpg

DSC_1597.jpg
11時14分、やっと笠取山の登山口(中島川口)着。
自転車ウェア⇒ランウェアに装備変更し、やや焦りつつ
早足登山開始。

DSC_1536.jpg

DSC_1538.jpg
 ∧∧  
(,,゚Д゚)  あ、クマ鈴忘れた!

登山口周辺は笹藪地帯で、
エゾハルゼミの鳴き声が響きます。

DSC_1549.jpg

DSC_1550.jpg
登山道は看板が多く、道も整備され
大変歩きやすかったです。

DSC_1561.jpg

DSC_1563.jpg

DSC_1560.jpg
笠取山頂上へ登る前に、水干へ立ち寄り。
この日は枯れていました(w

DSC_1568.jpg
そして、笠取山頂上に至る最後の急登。

DSC_1570.jpg
足の踏み場が狭く、息が切れました。

DSC_1575.jpg

DSC_1576.jpg
笠取山の360°大パノラマ。

DSC_1578.jpg
隣にある、あまり眺望の良くない頂上標識。

DSC_1595.jpg
帰りはシカが見送り。

DSC_1599.jpg
14時36分、登山口に戻り、ウェアを着替え
自転車で帰路へ。

***

初めての山ではコースタイムが読めず
焦ります。
今回の笠取山は登山道◎だったので、
ほぼ想定通りの時間で家に着きました。

これが迷って、丹波山村あたりで日没になったら、
ライトも無いのにどうなっていたことか・・・。

初めての自転車+登山は、体への負担が極大で
時間管理も難しかったです。

それでもまたやると思います(w
まだ見ぬ山の頂上へ行きたいですからね。

春の雲取山 ~富田新道~

 ∧∧  
(,,゚Д゚)  ゴールデンウィーク!

奥多摩方面約27km、8時間の
山登りをしてきました。

map_201804282141204da.jpg
東日原バス停     8:00
八丁橋       8:33
大ダワ林道分岐   9:25
小雲取山     12:00
雲取山      12:20
鴨沢バス停    15:00
小河内神社バス停 16:11

DSC_1267.jpg
奥多摩駅からバスに乗り、東日原で下車。
青空に稲村岩が映える、良い天気。

DSC_1271.jpg

DSC_1274.jpg

DSC_1278.jpg
林道日原線(未舗装路)を進む。
早朝の空気はひんやりして、清々しい。

DSC_1286.jpg
雲取山と天祖山分岐。
この先のゲートから、雲取山に入って
いきます。

DSC_1300.jpg

DSC_1301.jpg
大ダワ林道が凄い整備されていて
びっくり。
MTBで走るのにもってこいな道(w

DSC_1304.jpg

DSC_1305.jpg
看板を見落としそうになるも、
富田新道へ。

DSC_1310.jpg

DSC_1316.jpg

DSC_1320.jpg
たわむ金属橋を渡ると、そこは
日原 巨樹の森でした。

DSC_1322.jpg

DSC_1324.jpg

DSC_1330.jpg
植林杉が全くないので、
原始の森のよう。

DSC_1355.jpg

DSC_1358.jpg
標高が上がると、ブナからモミの木などに
植生が変化。

DSC_1368.jpg
この赤看板が3つの先から
極端にマーカー(赤リボン)が
少なくなりました。

DSC_1383.jpg

DSC_1389.jpg

DSC_1394.jpg
石尾根縦走路に出ると、シカが
お出迎え。

DSC_1391.jpg

DSC_1396.jpg

DSC_1399.jpg
快晴の雲取山は最高でした。

***

DSC_1404.jpg
雲取奥多摩小屋前には色とりどりのテント。
山泊キャンプもしてみたいな。

DSC_1409.jpg
帰りは日差しが強かった。

DSC_1411.jpg
登山のオチは、鴨沢15時~のバスが
1本も無く、4km追加で歩きました(笑



金比羅尾根⇒日の出山⇒梅野木峠スピードハイク

 ∧∧  
(,,゚Д゚)  今年初登山~

武蔵五日市方面約16.3km、4時間45分の
山登りをしてきました。

map_2018011322494227b.jpg

【コース】
武蔵五日市駅  7:40
金比羅公園   8:15
日の出山    10:24
梅野木峠    11:05
日向和田駅  12:25

DSC_0760.jpg
今日はここから歩きで登山口へ。

DSC_0761.jpg

DSC_0764.jpg
スマホと看板を注視しつつ、朝の
冷たい空気の中を歩きます。

DSC_0768.jpg
この看板は右を選択。
金比羅公園の中はビュースポット満載でした。

DSC_0779.jpg

DSC_0781.jpg
新宿やスカイツリーが見えました。
5分程、都会のビル群を眺めました。

DSC_0789.jpg

DSC_0792.jpg
金比羅尾根をゆっくり歩く。
途中で何人かのトレイルランナーと
すれ違いました。

DSC_0796.jpg
何か所かクマ注意の看板。
登山中は煩いですが、必ず
クマよけ鈴付けています(w

DSC_0801.jpg
雲一つない天気で気持ち良い。

DSC_0806.jpg
看板多過ぎです(w

DSC_0812.jpg

DSC_0814.jpg

DSC_0811.jpg
10時24分、日の出山到着。
小休止後、梅野木峠へ。

DSC_0815.jpg

DSC_0818.jpg
幅の広い林道を歩き、
大きな電波塔を見て、

DSC_0822.jpg

DSC_0821.jpg
梅野木峠着。

自転車と登山のルートが徐々に
繋がっていきます(w

と、一人悦に浸っていると、後ろから
女性MTBライダーに追い越されました。
また、日の出山付近でも別の女性MTBライダー
をお見かけしました。

寒くても自転車乗れますね。
あの登山道をどうやって登った(降りた)のだろう?
寒いから登山は甘え、なのか。

DSC_0836.jpg

DSC_0838.jpg
少し歩くと、琴平神社があり、

DSC_0839.jpg
青梅市街が一望できました。

DSC_0842.jpg
吉野梅郷の登山口近くには、
ゴルフ練習場がありました。

DSC_0843.jpg
梅の公園は再生中。

DSC_0844.jpg
多摩川を流れる水がとても
冷たそうでした。

DSC_0848.jpg
最後に日向和田駅前にあるパン屋さんに
初めて入りました。
小ぶりで100円前後の価格で大変美味しかった
です。


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

tokaino

Author:tokaino
東京の西の端から
自転車と登山とランの記録

検索フォーム

最新コメント

フリーエリア