記事一覧

ピットイン

DSC_0716.jpg
実家の小鳥。
さみしんぼなので、絶えず誰かの手や肩に
とまります。

DSC_0717.jpg
そして、問答無用で寝ます(w
何もできなくなってしまいます。

実家では手のひらで寝ることを
「ピットイン」という。

小鳥の体温が手のひらから伝わって
きて、ほんわか温かくなります。
スポンサーサイト

移動日

東京は凄い人。
人口密度が半端ではない。

電車で移動しただけなのに、
走ったり、自転車をこぐより
疲れました(w

小河内峠⇒惣岳山⇒御前山⇒湯久保尾根スピードハイク

 ∧∧  
(,,゚Д゚)  檜原村の山~

檜原村方面約12.6km、5時間40分の
山登りをしてきました。

map.jpg
【コース】
藤倉バス停  8:30
小林家住宅  9:07
小河内峠  10:16
惣岳山   11:32
御前山   13:35
小沢バス停 14:10

DSC_0614.jpg
藤倉バス停から降りて、いつもの
藤倉マップを確認。

看板では小河内峠、位置的には
春日神社⇒旧藤倉小学校⇒
小林家住宅(重要文化財)を
目指して進みます。

DSC_0618.jpg

DSC_0619.jpg
春日神社で安全祈願。
隣の杉が大きい。

DSC_0621.jpg

DSC_0622.jpg
その近くに藤倉小学校跡。
この小学校はいつまで使われて
いたのだろう。

DSC_0623.jpg

DSC_0625.jpg
この分岐は迷いましたが、
旧小林家住宅へ。
※小林家住宅の裏手からも
 小河内峠へ行けます

DSC_0631.jpg
舗装された道を進んで、
小林家住宅に到着。

檜原村HPによれば、
小林家は檜原村最古!の民家で
標高750mにあるとのこと。

自分が訪れた際は、見学時間外で
誰もいませんでした(w

DSC_0634.jpg
裏手には惣角沢に繋がっているモノレールがありました。
ちなみに乗るには事前予約が必要(パンフレットより

DSC_0638.jpg

DSC_0639.jpg

DSC_0640.jpg
マイナーなルートなので、誰一人
登山者とすれ違いません。

静かな冬の山です。

DSC_0644.jpg

DSC_0645.jpg

DSC_0647.jpg
野生動物の通行量は多い。
どんぐりがお目当てかな。

DSC_0650.jpg

DSC_0652.jpg

DSC_0653.jpg
陣馬尾根の細い道を通り、

DSC_0657.jpg
10時16分、小河内峠(おごうちとうげ)着。

DSC_0668.jpg

DSC_0669.jpg

DSC_0670.jpg
尾根道の縦走。

DSC_0676.jpg
道を踏み外すとかなり危ない(w

DSC_0680.jpg
この日、一番の急登の先に、


富士山を望む大絶景。

DSC_0692.jpg
この日は風が強くなかったので、
10分くらい眺めていました。

DSC_0693.jpg
惣岳山の看板。

DSC_0695.jpg

DSC_0696.jpg
御前山は眺望が良くないので素通り。

DSC_0699.jpg
そこから湯久保尾根はほとんど植林(杉林)地帯。
杉は暗いのと変化が乏しくあまりおもしろく
ありません。

DSC_0709.jpg
人里が見えてくると安心します。






ご挨拶

はじめまして。

当ブログは、週末のランニング、ポタリング、
登山っぽいトレランがメインコンテンツと
なっています。

週2回程度の更新を目標にまったりすすめて
いきますので、よろしかったらご覧下さい。

Author : tokaino

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

tokaino

Author:tokaino
東京の西の端から
自転車と登山とランの記録

検索フォーム

最新コメント

フリーエリア