記事一覧

秋の多摩サイ巡回

--AM7:02

 ∧∧  君を退屈から
(,,゚Д゚)    救いにきたんだ!

いつもの多摩サイ129km、6時間1分の
ポタリングをしてきました。

aaa_201810281643595c9.jpg

DSC_2388.jpg
気温20℃、ハーフレーパンでぎりぎり寒い(w

DSC_2385.jpg

DSC_2386.jpg
朝の集会。

DSC_2390.jpg
朝のサイクリングは最高。

DSC_2391.jpg

DSC_2392.jpg
マラソン大会と、カヌーの人達。
多摩サイを走っていると、多摩川の
色んなイベントが見れる。

DSC_2393.jpg

DSC_2395.jpg

DSC_2396.jpg
いつもの羽田空港横堤防ポイントで休憩。
食の情報が少ないと思ったので、いつもの
補給食をパチリ。

小ねこサブレは会社の方からの貰い物。
会社でネコ好き公言してないのに(w

DSC_2397.jpg
紅葉ロングポタか、トレラン行きたいです。

***

走行ログ:EPSON J-300B
bbb_20181028164400d65.jpg

ccc_20181028164401e3d.jpg

日曜日の100kmポタは、
・早朝からの行動計画
・既定ルート(迷わない)
・帰宅後、入浴+ストレッチ
で急速回復(w

これで、日曜日でもロングポタが
できます。※退屈しなくてすむ
スポンサーサイト

半袖ラン

DSC_2382.jpg
午後から天候回復、気持ちの良い秋晴れ。
半袖で走ると汗だくになりました。

***

走行ログ:EPSON J-300B
aaa_2018102720314597e.jpg

bbb_20181027203147a5d.jpg

松姫峠 ~ヒルクライム練~

--AM7:02

 ∧∧   
(,,゚Д゚)    朝寒い~

小菅村方面106km、5時間37分の
ポタリングをしてきました。

aaa_201810211616220c3.jpg

DSC_2362.jpg
早朝の奥多摩湖。
まだ肌寒い。

DSC_2364.jpg
小菅村の綺麗な村役場前を左折し、

DSC_2366.jpg
松姫峠スタート地点へ。

DSC_2379.jpg
まだ木々は色づいていなかった。

DSC_2372.jpg

DSC_2370.jpg

DSC_2373.jpg
登っていると、キジとサルを一瞬見かけました。
いつも撮ろうとすると、凄いダッシュで立ち去ります。

DSC_2378.jpg

DSC_2375.jpg
10時17分、松姫峠着。
頂上は珍しく人や車がたくさん。
バスも運行していました。

DSC_2380.jpg
帰りにチャーちゃんまんじゅうをお店で
getできず(道の駅では売っている

今日はお出かけ日和で車やバイクが多かった。
トンネルの中が排気ガスだらけで息苦しい。

あと、帰宅時に下りトンネル内で危うく追突しそうに
なった。交通量が多いときは注意しなくては。

***

走行ログ:EPSON J-300B
bbb_2018102116162329d.jpg

ccc_201810211617426a4.jpg

トレランリュック

DSC_2356.jpg
アシックス ランニングバックパック 5L 155896
¥6480

 ∧∧  
(,,゚Д゚)  ニューバッグ!

トレラン用軽量リュック(170g)を
購入しました。

DSC_2357.jpg
背負う部分はメッシュ状。
全体的に生地が薄い(w

DSC_2358.jpg
ボトルを入れる部分と、ロゴが光っている面は
伸縮性の高いナイロン素材。

全面にペットボトル2つ収納できます。

DSC_2359.jpg
荷室は2つに分かれているシンプルな作り。

容量は実物を手に取ると「少ないな」と
思いました。

荷室に、
・ウインドブレーカ
ライト
・携帯食糧
・着替え
を入れると一杯になりそう。

***

近所を8kmほど背負った状態で走ると、
リュックと密着度が高くとても良い。

いつもの登山リュックは容量約10ℓと大きく、
走りづらかった。

来月のトレラン大会はコレを背負って
走ります!

筋肉痛ラン

ccc_2018101421452860d.jpg

bbb_2018101421412554a.jpg
太ももの上と足首が痛い。
走り始めると意外と快調(w

来月のトレラン&ハーフマラソン大会
楽しみです。

雲取山 ~丹波山村から三条の湯経由~

 ∧∧  
(,,゚Д゚)  ヘッドライトは必需品!

山梨県方面38.4km、10時間57分の
山登りをしてきました。

aaa_20181014164836dea.jpg
鴨沢西バス停   7:37
丹波山村     8:37 ※登山口で迷走
サヲウラ峠   11:06
三条の湯    12:25
三条ダルミ   14:09 
雲取山     14:34
峰谷登山口   17:22
峰谷橋バス停  18:41

DSC_2263.jpg
奥多摩駅からのバスは鴨沢止まりが多い。
そこで早朝から、鴨沢⇒丹波山村間 約8km
を走る(w

DSC_2264.jpg

DSC_2265.jpg
丹波山村に入ります。
第一村人はサルでした。

DSC_2266.jpg
ガソリンスタンド手前から、登山口看板を目印に進み、

DSC_2267.jpg
サルよけの金網畑を通り、

DSC_2268.jpg
ドアの付いた登山口へ(w

DSC_2269.jpg
きちんと閉めて進む。

DSC_2270.jpg

DSC_2271.jpg
この後、1時間程このあたりで迷走。
藪が深くて、登山道がなかなか見つからない。

注意)丹波山村の登山口は藪が深く分かりづらいです。
   他の登山口からのルート設計がおすすめ。

DSC_2278.jpg
登山道を外れ涸沢を直登し尾根伝いに進んで、奇跡的に
気合とド根性で登山道へ。

DSC_2283.jpg
11時6分、サヲウラ峠到着。
当初の計画より1時間遅れ。

DSC_2285.jpg
霧の中、他の登山者と会わず進む。
とても静か。

DSC_2294.jpg

DSC_2301.jpg
木の橋の区間がいくつかありました。
真ん中がたわんで怖い。

DSC_2306.jpg

DSC_2307.jpg
秘境の湯屋、三条の湯を早足で通り、

DSC_2308.jpg

DSC_2311.jpg

DSC_2315.jpg
雲の中を進む。

DSC_2316.jpg
三条ダルミで小休止。
ここでヘリを呼んで、颯爽と帰りたいと
少し思う(w

DSC_2319.jpg

DSC_2320.jpg
14時34分、雲取山の頂上。

DSC_2321.jpg
ここから登山者が飛躍的に増えました。
他の登山者の方に気を付けて、天空の道を走る。

DSC_2328.jpg
赤指尾根へ。

DSC_2338.jpg
 ∧∧  
(,,゚Д゚)  迷う!

写真の正解は左の赤リボン道。
右の獣道?を進んでしまい10分ロス。
※この後、赤リボンの無い分岐箇所もあり。
 本当に遭難しかけた。

DSC_2340.jpg
赤指尾根の真ん中あたりで日没。
ヘッドライトを携帯していて、一安心。

DSC_2341.jpg

DSC_2342.jpg
17時過ぎくらいには、辺りは真っ暗闇。

DSC_2348.jpg
人工物が見えた時の安堵感が凄い。

DSC_2350.jpg
夜の山は怖かった。
登山口で迷子&ルート設計で無理をし過ぎ
ました。

早めの撤退判断をするべきでした。

***

おまけ:キノコ祭り
DSC_2313.jpg

DSC_2339.jpg

DSC_2337.jpg

DSC_2333_20181020210934dc8.jpg

DSC_2335_20181020210932486.jpg
 ∧∧  
(,,゚Д゚)  色々生えてる~

アクティブレストラン

DSC_2250.jpg
昨日のヒルクライムの疲れを取るために、
近所の川沿いコースを軽めのラン。

写真ははちわれネコ(たぶん兄弟)。
微妙な距離感が良いです。

***

走行ログ:EPSON J-300B
aaa_20181008162740552.jpg
「ペース・ピッチ・ストライド・心拍数」から2つのグラフを表示可。

bbb_201810081627423d6.jpg
最大酸素摂取量(VO2max)
⇒1分間に体重1kgあたりに最大何mLの酸素を取り込めるか、を定めた数値
 V : Volume(量)、 O2:酸素、 max:maximum(最大)

ccc.jpg
オートポーズ(信号待ち時など、自動的にストップ)機能設定可能でした
(ディフォルトはOFF)。

だんだんEpson Viewの見方やEPSON J-300Bの機能が分かってきました。

第8回東京ヒルクライム~HINOHARAステージ

--AM4:30

 ∧∧   
(,,゚Д゚)   日の出前に出発~

檜原村25km、ヒルクライム大会に
参加してきました。

DSC_2241.jpg
午前3時半に朝食を無理やり胃に詰め込み、
自走出発。

多摩サイ経由で檜原村に向かうも、暗くて
本当に怖かった(超早朝?散歩の方が多い

会場に到着すると、時間に余裕を持ったつもりが
荷物回収期限(6時15分)まであと7、8分しかなかった。
ギリギリセーフ。

DSC_2242.jpg
スタート地点での待時間は最後の組で30分程。
楽しくも怖くもある時間。

DSC_2243.jpg
6時40分、檜原村の村長さんの号令でスタート。

DSC_2246.jpg
コースは南秋川渓谷から、風張峠頂上ゴールを目指す25km。

※以降、走行中の写真なし

最初の檜原村T字路まで集団走行。
まるでツールドフランスのスタートみたいだぁ、
と少し興奮。

T字路の信号機を過ぎると自由走行。
周りの参加者の方がメチャ速い(w
去年のタイムをみて試算した通り、
いつものまったりペースではマズイ。

ということで、心臓が飛び出るかと
思うほどペダルを回しました。

最初は沿道の地元の方(朝早くからの応援!)
に手を振ったりする余裕があるものの、
後半は汗を拭い、呼吸に集中するので
手一杯。

奥多摩周遊道路に入ると、ケツの痛さに悶絶。
どうやらスピード重視の走行では、サドル高さが
低い模様。

と、やや不完全燃焼でゴール。

***

走行ログ:EPSON J-300B
aaa_2018100721521639b.jpg

bbb_2018100721521861f.jpg
タイムは大会発表とちょっと誤差ありにしても、
かなり遅い。下の下でした(w

ちゃんとローラ台とか、心拍+ケイデンスモニタした
練習しないと速くならないなと実感。

あと、カーボンの軽い自転車欲しくなりました(w

***

【参加賞】
DSC_2245.jpg
ジャガイモ、ロングTシャツ、檜原の水。

【完走証】
DSC_2249.jpg
ひのじゃが君の絵柄が毎年違う(w

***

初めての自転車大会で、メカトラ・落車がなく
無事に完走できました。

集合時間はあと1時間遅い方が良いなぁ(w

調整ラン

いよいよ明日に迫ったヒルクライム大会に向け、
近所をまったり調整ラン。

台風25号が西に逸れて本当に良かった(w
初めての自転車大会が雨ではね。

明日はAM4時起きぐらいなので、早寝しないと。

***

走行ログ:EPSON J-300B
aaa.jpg

bbb.jpg

1kmラップを音と振動で知らせる機能が
便利すぎます。
大体体感ラップと数値が合っていてビックリ(w

信号待ち時のラップ変動が気になるけど、
自動で修正する機能はあるのかな。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

tokaino

Author:tokaino
東京の西の端から
自転車と登山とランの記録

検索フォーム

最新コメント

フリーエリア