記事一覧

酉谷山

 ∧∧  
(,,゚Д゚)   冬山ー

奥多摩日原方面22.4km、7時間49分の
山登りをしてきました。

aaa_201812232228208e4.jpg
東日原バス停    7:52
一杯水避難小屋   9:30
七跳尾根分岐   10:35
酉谷山      11:37
天目山      13:39
一杯水避難小屋  14:09
東日原バス停   15:41

DSC_2742.jpg
東日原バス停から本仁田山?を見て
スタート。

DSC_2743.jpg

DSC_2744.jpg
酉谷山(とりだにやま)は
東日原バス停から少し戻った坂の上に
登山口があります。

DSC_2745.jpg

DSC_2746.jpg
尾根道に出るまでは整備された林道。
杉林で景色は退屈だけれど、大変登りやすい(w

DSC_2748.jpg
午前中は日差しがあり汗ばむ。
気温は8℃くらい(酉谷山避難小屋の気温計より)。

DSC_2752.jpg
尾根道に出ると、名もなき大木。
巨樹の里、日原です。

DSC_2755.jpg

DSC_2822.jpg
9時30分、一杯水避難小屋着。
山小屋泊に興味があるので、チラっと
覗いてみました。

中はとても綺麗!
山泊装備整えたら、縦走山小屋泊計画
立てたいなぁ。

DSC_2792.jpg
長沢背稜に出ると、所々から秩父市
が見渡せました。
地図で確認すると、ちょうど東京都と埼玉県の
境界なんですねぇ。

DSC_2763.jpg

DSC_2766.jpg
長沢背稜はこれまた綺麗に整備されて
いました(主要稜線だから?)。

DSC_2813.jpg
少し歩いて、この看板の反対側に突き出た峰から、

DSC_2812.jpg
小川谷方面を見渡す
大絶景ポイント発見。
息を飲む景色でした。

DSC_2826.jpg

DSC_2770.jpg
倒木や木造橋の箇所がいくつかあり、
跨いだり、ちょっとしたスリルを味わいました。
(橋はかなりたわむ)

DSC_2776.jpg
酉谷山が近づくにつれ、登山道にも
雪がありました。
また、霜柱が土を押し上げて、シャリシャリ
とした路面もありました。

ボロのトレランシューズでは、大変危険でした。
サンタに冬山用登山靴頼まないと(w

DSC_2780.jpg
この看板から一段上の尾根道に上がり、

DSC_2784.jpg
10~15分程目印のない道を進むと、

DSC_2790.jpg

DSC_2786.jpg
11時37分、酉谷山に到着。
腰を下ろして休憩。

この日は登山者に誰一人会いません
でした。マイナールートです。

DSC_2794.jpg
距離と時間の関係から、酉谷山からUターン。
帰りの雪道の目印は自分の足跡。

DSC_2798.jpg

DSC_2801.jpg
酉谷山避難小屋も訪問。
こちらは一杯水避難小屋の半分
くらいの広さ。

DSC_2796.jpg
酉谷山避難小屋の近くに水場がありました。
だからここに避難小屋を建てたのか。

DSC_2805.jpg
小川谷林道は通行止め。
ここの道も通ってみたいなぁ。

DSC_2818.jpg

DSC_2820.jpg
天目山まで戻ると、今にも雨が降りそうな
雲の色。

林道区間に入ってから、1~5mm程度の雨に
降られました。
アウターと登山靴は冬用の良いモノを買わないと
本当にキケンだと思いました。

***

走行ログ:EPSON J-300B
bbb_20181223222821332.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント